スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24話「夢」感想 

泣いた。
これ、このまま最終回でいいでしょう。
 
美しかった。
 
 
 
細かいこと…と言うか、仮想の反論への俺流回答は
気が向いたらまた別記事として書こう。
 
いいんだよ、力技で。
スポンサーサイト

第23話「私」感想 

理想と現実。
 
ズレ始める時間、意識。
大きくなる軋み。
重ねる無理。
納得させようとする自分。
もがく自分。
騙そうとする自分。
騙しきれない自分。
我侭という自覚。
他人に無理を強いない性格。
拠り所が欠けていく不安。
決定的(と思わせるに充分)な一言。
 
輪の中心にいた少女から、輪が消えていった。
中心で柱となる手助けとなっていた存在は、
自分の代わりに落ちていった。
 
 
全編、天海春香は痛ましかった。
 

第22話「聖夜の夜に」感想 

クリスマスに集まれた奇跡と、その中心人物。
 
ようやく、春香の中心としての人物像がきちんと描かれて、
千早からは「変わりたくないものもある」なんて言葉まで飛び出して、
みんなしてケーキ買ってきて、
社長の手品も披露されて、
和やかないい感じなんだけど…。
 
多忙でなかなか集まれないという事象が
解決されたわけでも、
それを乗り越えたわけでもない。
 
1クール目の終盤からこっちまでと比べて
穏やかな流れだったことと、
あと3話残してることが、嫌な予感をさせる…。
(我ながら嫌な見方してるなぁ)
 
春香のもやもやが解けきってないのが
気にかかるんだよねぇ。
(千早の言葉も、そういうことを言わないと…と
 春香が思わせてる、という見方も出来るし)
 
 
美希と主役を争うというミュージカルの話が、
最後の大きな山になるのかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。